English Korean Chinese
サイト内検索


トップページ
祈念館について
利用案内
遺影・手記の募集
ピースネット
平和へのメッセージ
交通アクセス
リンク集
ダウンロード
祈念館について
ライン上
銘 文
昭和20年(1945年)8月9日午前11時2分、長崎市に投下された
原子爆弾は、一瞬にして都市を壊滅させ、幾多の尊い生命を奪った。
たとえ一命をとりとめた被爆者にも、
生涯いやすことのできない心と体の傷跡や
放射線に起因する健康障害を残した。
これらの犠牲と苦痛を重く受け止め、心から追悼の誠を捧げる。
原子爆弾による被害の実相を広く国の内外に伝え、
永く後代まで語り継ぐとともに、
歴史に学んで、核兵器のない恒久平和の世界を築くことを誓う。

ライン2
趣旨 機能
概要
趣旨
原爆死没者追悼平和祈念館は、原子爆弾被爆者に対する援護に関する 法律第41条の規定に基づいて、原子爆弾による死没者の尊い犠牲を銘記し、 恒久の平和を祈念するための施設として、被爆地である長崎・広島に設置されました。
機能
祈念館の主な機能として、「平和祈念・死没者追悼」、「被爆関連資料・情報の収集及び利用」、 「国際協力及び交流」があり、「平和祈念・死没者追悼」は両祈念館共通の機能と位置付け、長崎は「国際協力及び交流」を、 広島は「被爆関連資料・情報の収集及び利用」をそれぞれの特徴とし、 相互に協力、連携しています。
概要
構造・面積等
鉄筋コンクリート造 地上1階地下2階
規 模 敷地面積 15,391.530㎡
建築面積 50.490㎡
延べ面積 2,999.582㎡
各階面積 地上1階 50.497㎡
地下1階 707.124㎡
地下2階 2,241.961㎡
各階の内容
1階(地上部分) 水盤、銘文、スリット型トップライト
地下1階 手記展示コーナー、追悼コーナー、手記保管庫、研究室
地下2階 追悼空間、追悼空間前室、遺影・手記閲覧室、交流ラウンジ、
平和情報コーナー、総合案内、研修室、会議室、事務室


平成 2年 5月 「原子爆弾被爆者実態調査(死没者調査)」(厚生省が昭和60年に実施)を公表。国の原爆死没者に対する弔意の表し方について、政府内で検討開始。
ライン3
平成 3年 5月 原爆死没者慰霊等施設基本構想懇談会(森座長)を設置。
ライン3
平成 5年 6月 原爆死没者慰霊等施設基本構想懇談会報告書。基本理念、具体的内容、施設の設置場所、運営等が盛り込まれた。
ライン3
平成 5年 7月 原爆死没者慰霊等施設基本計画検討会(石丸委員長)を設置。
ライン3
平成 6年12月 「原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律」成立。恒久の平和を念願し、原爆による死没者の尊い犠牲を銘記する旨の前文とともに、第41条では「平和を祈念するための事業」が規定された。 法律案の採決に際し、衆議院厚生委員会が、「原爆死没者慰霊等施設のできるだけ早い設置を図るとともに、被爆者及び死没者の遺族の共感が得られる施設となるよう努める」 べき旨の付帯決議。
ライン3
平成 7年 1月 原爆死没者慰霊等施設基本計画検討会報告書。機能、構成、管理運営等が盛り込まれた。
ライン3
平成 7年11月 原爆死没者追悼平和祈念館開設準備検討会(森座長)を設置
ライン3
平成 8年 4月 長崎市において、原爆死没者追悼平和祈念館建設問題検討委員会(地元委員会:土山委員長)を設置。
ライン3
平成 9年 2月 「原爆死没者追悼平和祈念館の建設に伴う長崎市の要望」を厚生省へ提出。原爆死没者名簿の安置、管理運営費用の全額国費負担等について要望。
ライン3
平成 9年 6月 原爆死没者追悼平和祈念館開設準備検討会において、「原爆死没者追悼平和祈念館(長崎)の基本設計に際しての留意すべき事項について」を策定。
ライン3
平成10年 9月 原爆死没者追悼平和祈念館開設準備検討会最終報告書。施設の銘文案、事業の具体的内容、管理運営方法等が盛り込まれた。
ライン3
平成12年11月 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館本体工事着工。
ライン3
平成14年12月 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館本体完成。
ライン3
平成15年 5月 第1回原爆死没者追悼平和祈念館運営企画検討会(森座長)の実施。
ライン3
平成15年 7月 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館開館
ライン3