8月29日(金)黙祷をお願いします。

2014年8月27日
 最近は日本各地で集中豪雨が多発しています。多くの方が犠牲になり言葉に表せない悲しみが日本全土を覆っているような気がします。長崎大水害を経験した私たちは他人のこととは思えません。自然に立ち向かうことには限度があります。人災にならないように普段からの心構えが必要です。最近、地球環境の悪化に伴い災害が頻発しています。
 環境を破壊する最大の人災は「核兵器の使用」ですね。なかなか「核兵器のない世界の実現」への取り組みは進みません。しかし、核兵器廃絶に向けて不断の努力は続けていかなくてはなりません。
 来る8月29日(金)は1991年にカザフスタンが核実験場を廃止した記念の日です。セミパラチンスク(現在セメイ市)では過去456回の核実験が行われ150万人もの人々が病気または亡くなったそうです。この日は国連が「核実験に反対する国際デー」と定めています。そして世界中に1分間の黙祷を呼びかけています。時間は8月29日(金)11時5分です。この時刻は時計の針がVを示すことから、世界における核軍縮の勝利への願いが込められているそうです。
 今、国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館はカザフスタンで原爆展(アスタナ市、セメイ市、アルマティ市)を開催していますが、8月29日から9月3日までは時を合わせてセメイ市で開催します。国際デーに参集した世界の多くの人々にも長崎・広島の被爆の実相が伝えられ恒久平和への思いが深まることと思います。
 来る29日(金)11時5分、多くの方々が黙祷されることを願ってやみません。

※添付写真は被曝者慰霊塔「死よりも強し」モニュメントです。

カザフは素晴らしい国でした。

2014年8月12日
 今日でカザフでの活動が全て終わりました。美しい国で被爆の実相を伝え、多くの若者と話し合えたことは素晴らしい体験でした。この国の人々は日本の人々と通じ合える心を持っています。
 カザフの山と街の景色を送ります。最後の体験講話もよかったです。機会があればカザフを訪ねてみてはいかがですか。

体験講話に真剣なまなざし

2014年8月9日
 8月7日、アスタナのユーラシア大学で築城さんの体験講話が行なわれました。夏休みでしたが、たくさんの学生が真剣なまなざしで聴講し、多くの質疑応答がなされました。放射線の残量、二世の問題、被爆者への援護など真摯な応答が交わされました。
 終了後、多くの学生が日本語を学び日本に行きたいと話してくれ大変感激しました。
 今、アルマティに移動してこの記事を書いています。窓の外には天山山脈がそびえています。ここはシルクロードの天山北路になりますが、雄大な風景に癒されています。
 今から次の体験講話に出発します。

いよいよカザフスタン原爆展開催

2014年8月7日
 館長だより(カザフスタンから)第2報です。
 8月6日(水)首都アスタナの独立宮殿(下記写真網目模様の建物)でヒロシマ・ナガサキ原爆展が原爆犠牲者への黙祷で始まりました。開会式には日本大使、カザフスタン外務省、16ヶ国の大使(オランダ、セルビア、オマーン、ラトビア、アルメニア、アゼルバイジャン他)、またガザの関係者、さらに各界各層の方など100名近くが出席されました。
 築城昭平さんの被爆体験を静かに聴きいる姿は印象的でした。また、多くの方がセメイ(旧セミパラチンスク)との交流の拡がりの必要性を望んでいました。
 この記事を書いている最中にTV「24KZ」ニュースで放映されました。ネットニュースは数社流れましたが、残念ながらロシア語、カザフ語でした。
 会場の様子と周辺のモスクの美しい姿を添付しましたのでご覧ください。
 長崎の天気が回復しますように祈っています。

セミパラチンスクの慰霊塔

2014年8月5日
 祈念館主催の原爆展開催のためカザフスタンに来ています。核実験を中止し、核弾頭を全て排除した国です。セメイ(旧セミパラチンスク)は核実験の場所でしたが、今は核廃絶を希求する町になりました。写真は核実験犠牲者慰霊碑を訪れた時のものです。慰霊塔にはきのこ雲と母子像があり原爆落下中心地に来たような錯覚をしました。
 原爆展と体験講話(築城氏)が成功するために頑張ります。

ページのトップへ