トップ館長だより > 体験講話に真剣なまなざし

体験講話に真剣なまなざし

2014年8月9日
 8月7日、アスタナのユーラシア大学で築城さんの体験講話が行なわれました。夏休みでしたが、たくさんの学生が真剣なまなざしで聴講し、多くの質疑応答がなされました。放射線の残量、二世の問題、被爆者への援護など真摯な応答が交わされました。
 終了後、多くの学生が日本語を学び日本に行きたいと話してくれ大変感激しました。
 今、アルマティに移動してこの記事を書いています。窓の外には天山山脈がそびえています。ここはシルクロードの天山北路になりますが、雄大な風景に癒されています。
 今から次の体験講話に出発します。

ページのトップへ