トップ館長だより > 恭賀新年

恭賀新年

2015年1月15日
 あけましておめでとうございます。今年は寒さ厳しい曇り空で元日を迎えましたが、皆様、お元気で新たな年への期待に胸ふくらませたことと思います。
 ここ追悼平和祈念館では元日にめでたいできごとがありました。1月1日11時半前後に今年度の入館者が10万人を超えたのです。昨年度の10万人達成は1月28日でしたので、順調にいくと3月末にはこれまで最高の入館者数を記録することは間違いないでしょう。追悼平和祈念館に関与していただいている多くの皆様のお陰だと感謝しています。
 さて、今年は被爆70周年という節目の年にあたります。戦後の経過に過ぎないといえばそれまでですが、私は大きな意味があると思います。若者への伝達が重要となる中、被爆体験の継承について改めて皆で考える年となるでしょう。その手法は様々だと思いますが、将来、どのようにして継承されているだろうかということを常に思い描きながらより良い継承の方法が見いだせればと思います。
 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館の目的には「原爆死没者の追悼」ということが明記されています。もっとも大切な追悼平和祈念館の目的のひとつです。そこで今、祈念館で継続して行われていることがありますのでご紹介しましょう。
 昨年後半から毎週金曜日に長崎の「お手玉の会」のお声掛けで「長崎原子爆弾被爆者対策協議会」のお力をいただいて多くの被爆者が来館されています。長崎の原爆死没者名簿は当館の追悼空間名簿棚に奉安されています。しかし、まだ、多くの被爆者の方々はその場所を見たことがないそうです。そこで前述の団体の方が被爆者を引率されて来館されるようになったのです。皆様、名簿棚とご遺影の登録コーナーを見学されて未来永劫ここに奉安されることを知り安堵の表情を浮かべられます。「早速、子供に言うとかんば。」といわれる方も多くいらっしゃいます。このイベントは追悼平和祈念館の重要なあるべき姿のひとつです。企画された関係者には敬意を表するとともに感謝いたします。
 被爆された方々のみならず多くの市民の方々にご来館をいただき追悼の誠をささげていただければ70周年の意味合いも深まり、追悼平和祈念館として重要な役目を果たすことができるのではないかと思います。今年は戦後70年でもあります。いつまでも戦後でありますように。
 今年は羊年です。2年前の原爆展開催都市ニュージーランドのオークランドの羊たちからの新年のあいさつが届きました。

ページのトップへ