トップ館長だより > 二つの体験講話

二つの体験講話

2016年9月26日
22日に行われた2回の被爆体験講話は内容の濃いものになりました。午前中に24人の中学生が原爆展会場に来場しました。約1時間、長崎広島原爆の展示をしっかり見学していました。ドレスデンのこども達は、恐らく未知の原爆の惨禍をドレスデン空爆の惨禍と重ね合わせて考えたのかも知れません。見学後、山田一美さんの講話を真剣な眼差しで聞き、その後、質問が相次ぎました。ほとんどの質問は山田さんの体験に関するものでしたが、核兵器に関する質問もあり、山田さんは核廃絶について彼らに真摯に考えてほしいと訴えました。
 午後はドレスデン空爆の体験者ノラ-ラングさんをはじめ四人に被爆体験を話しました。お互いの体験や都市の壊滅やその後の復興を語り合いました。原子爆弾がもう少し早く開発されたなら、ここドレスデンに投下されたかもしれないというような話が交わされました。
 23日以降もドイツでの被爆体験講話は続きます。今回のように長崎の被爆体験者とドレスデン空爆体験者が語り合うことができるとはなんと貴重な出来事でしょう。

  • 被爆体験講話を聴くドレスデンの中学生

    被爆体験講話を聴くドレスデンの中学生

  • ドレスデン空爆の体験者と語り合う山田さん

    ドレスデン空爆の体験者と語り合う山田さん

ページのトップへ