トップ館長だより > 渋谷のラジオ

渋谷のラジオ

2017年3月10日
桃の節句も過ぎ、少しは寒さも和らぐかと思いきやまだまだ春は遠いですね。3月7日、東京渋谷の「渋谷のラジオ(地域FM)」に出演し長崎の追悼平和祈念館のことを中心に話しましたので報告します。この企画は長崎出身で埼玉学園大学の松永幸子先生によるもので「被爆体験講話 長崎からみらいへ(第3回)」という番組なのです。渋谷と世田谷区のみで聴けますが、スマホ専用アプリを使えば全国で聴けるそうです。
 今回は私に加えて長崎の被爆者で埼玉県にお住いの八木芳子さん、さらに被爆講話を初めて聴く学生を含め平和について興味のある埼玉学園大学と白梅学園大学の3人の学生さんによるトーク番組でした。八木さんは御船蔵町で被爆、当時13歳だったそうです。10分程度の体験講話でしたが、本当に大変な体験をされ、心痛むものがありました。その体験は後日、体験記として追悼平和祈念館に寄贈していただくようにお願いしました。私はここ追悼平和祈念館の認知度が少しでも高まり、長崎に足を延ばしてくれる人たちが増えることを期待しながら「国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館とは」という話をしました。
 この「渋谷のラジオ」は福山雅治さんも設立に関与されている地域FMであり多くの人たちの支援で成り立っているラジオ局でした。本当に小さなスタジオだったのですが、渋谷に立地しているので多くの都民が聴いているはずですし、放送後、noteというアプリに記録されたものをダウンロードして聴いている人も多いとか。福山さんも聴いていてくれれば一度来館していただけると思いながら話しました。
 詳しくは書けませんが、広島、長崎の悲惨な体験がいろいろな手段でさらに多くの人々の耳に入るように頑張るのも私の大切な使命ではないかと思っています。

  • 「渋谷のラジオ」出演者

    「渋谷のラジオ」出演者

ページのトップへ