Korean Chinese

トップページ
祈念館について
利用案内
遺影・手記の募集
ピースネット
平和へのメッセージ
交通アクセス
リンク集
ダウンロード
ピースネット
学校関係者のみなさんへ

 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館及び(財)長崎平和推進協会の共同事業として、遠隔地の学校と長崎をインターネットによる会議システムにより接続し、被爆者が自らの被爆体験や原爆の悲惨な状況を語り、子どもたちと平和について意見を交わす平和学習(通称:ピースネット)を実施しております。このシステムにより、被爆者と遠隔地の生徒が現地に居ながらにして、お互いの表情や声を確認しながら、効果的に平和学習を行うことができます。

この機会にぜひ被爆者の生の証言を聞き、原爆のこと、平和のことを一緒に考えてみませんか?
皆様のご利用をお待ちしています。

 
ピースネットの進行例 ピースネット概要
ピースネットに必要な設備 等 お申込手順(実施までの流れ)
実施した学校の児童・生徒の感想 実施した学校の先生の感想
これまでの実施校 申し込み・問い合わせ先
ピースネットの進行例
1 導入(3分)
2 長崎原爆の簡単な説明、講話者の紹介(7分)
※パワーポイントで資料を交えます
3 被爆体験講話(15分~20分)
4 質疑応答、感想(15分)
5 講話者から生徒へのメッセージ、まとめ(5分)
については、事前学習として行うこともできます。
(その分交流の時間等が延長できます。)
写真1
写真2
写真3

ピースネットの概要
対象
インターネットに接続できる環境を備えており、修学旅行等で長崎を訪問することができない 東日本(北陸、中部、東海地方含む)・県内離島・沖縄県内の小中学生(原則)
開催日
原則として、土・日・祝日、国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館の休館日(12/29~12/31)を除く日。
※国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館は、原爆で亡くなられた方々を追悼し永遠の平和を祈念する施設として平成15年7月に開館した国立施設で、(財)長崎平和推進協会が管理運営を受託しています。
開催時間
午前9時30分~午後4時(午後0時30分~1時30分を除く)。
1回につき原則45分間以上60分間以内(質疑応答及び感想発表時間を含む)。
利用直前の接続試験(10分程度)のほか、予め接続試験を行っていただきます。
実施内容
(財)長崎平和推進協会に所属する被爆者が、自身の被爆体験や被爆の状況、その後の生活について、絵や写真等の関連資料を交えて語ります。
講話後には、質問等により双方向のコミュニケーションをとることができます。
実施方法
インターネットを利用した会議システム「Meeting Plaza」により、全国の各学校(利用者)と祈念館(講話者)を接続します。
これにより、祈念館にいる被爆者の顔や声、関連資料などの情報を受信できます。
また、現地の映像や音声も祈念館で受信します。
講話者
(財)長崎平和推進協会 継承部会員の中から協会が決定し、依頼します。
費用
無料
※利用される方のインターネット回線使用料は別途お支払いください。
(通常インターネットを利用される場合と同じです)
申し込み方法
実施日の1ヶ月前までに電話でお申し込みください。
まずは、当館と接続テストを行い、実施できる環境であるかを確認させていただきます。
また、「ピースネット利用申込書」をダウンロードして、必要事項を記入し、学校長(代表者)の公印を押印のうえ、協会あて郵送してください。
申込用紙はこちらから
ピースネット概要ピースネットに必要な設備 等
インターネットに接続できるパソコン(詳しい条件)
※Windowsに限ります。 →ISDN、ADSL、CATV 、FTTH回線を備えたもの
※ISDNの場合は通信速度が遅くなりますので、ADSL以上のものをお勧めします。
※当館で使用しておりますシステム、NTT-IT株式会社のミーティングプラザは、インターネットのホームページ上のブラウザで実現していておりますので、専用のソフト等は必要ありません。
カメラ
※Webカメラ(USB接続に対応した製品をお勧めします)
マイク
次の(1)または(2)のいずれか
ヘッドセット ヘッドホンとマイクが一体になったもの
※一人につきパソコン一台使う場合

ヘッドセット 大人数で音声を聞く場合
スクリーン等に端末画像を写しだす際に必要です。
端末画像を拡大して視聴する際必要です。

貸し出しができる機材 あると便利なもの
WEBカメラ、ヘッドセット(少数)
詳しくはお尋ねください。
ソフト(パワーポイント)
被爆関連資料等の送受信に使用できます。
お申込手順(実施までの流れ)
インターネットに接続できるパソコン
1か月前までに電話でご連絡ください(仮予約)。
2
NTTアイティ「Meeting Plaza(http://www.meetingplaza.com/)-インターネットを利用した会議システム」によって当館と同時につなぎ、接続試験を行います。
操作方法などをご案内いたしますので、受講の際に使用するパソコンで、接続の可否、画面のイメージ等をご確認ください。本番と同じ環境で動作確認を行うために、スクリーン、プロジェクター、スピーカーなどを 使用する際は、接続試験の際にもご使用ください。
3
接続試験により「ピースネット」を利用できる環境にあることを確認のうえ、仮予約後2週間以内に学校長の公印を押印し、郵送してください(必着)。
申込用紙はこちら
4
こちらで講話者を決定した後、ピースネット利用承諾書」をお送りします。
5
「ピースネット利用承諾書」に、「長崎原爆資料館ハンドブック」(事前学習用資料)と原爆、被爆体験についての質問票を添付しております。
当日、講話者から回答いたしますので、ご記入のうえできるだけピースネット実施日より前に返信してください。
6
実施日直前に、祈念館(講話者側)との接続試験を行ってください。
7
利用された学校の先生用、生徒用アンケートにご協力をお願いします。
皆様のご利用をおまちしております
申し込み・お問合せ先
The Nagasaki National Peace Memorial Hall for the Atomic Victims
852-8117 Nagasaki-shi, Hirano-machi 7-8
TEL 095-814-0055 FAX 095-814-0056
e-mail info@peace-nagasaki.go.jp