「長崎原爆戦災誌第一巻総説編改訂版」翻訳基準

 今回の一部暫定公開にあたっての翻訳(英訳)基準につきましては、次のとおりとなっております。なお、この基準は、今後、監修作業を進める中で都度見直されることもありますので、あらかじめご了承ください。

1. 原文を正確に反映した翻訳という基本原則は踏まえつつも、日本及び長崎の歴史、文化になじみの薄い方々が理解できるような内容、表現で翻訳を行っている。この観点から、歴史的事実等について、原文にはない補足説明を本文中に追加している場合がある。
2. 学術的な評価に耐えうる翻訳を目指すため、引用されている文章について出典の明確化(原文にはない出典に関する詳細情報の脚注での記載)をできる限り行っていく予定であるが、今回の一部暫定公開では当該出典の明確化のための作業に時間を要するため脚注を省略している。
3. 英語表記については、すべて米国式としている(例:World War Ⅰ)。
4. 原文が出筆されたのが被爆60周年にあたる年であったため、原文には「60年前」やその時点から起算して「○○年前」、「(今日まで)○○年」などの表現が見られるが、翻訳においては、そのような表現は避け、例えば「60年前に原爆が・・・」は「1945年に原爆が・・・」というような形に言い換えている。
5. 日本人名については、日本語での表記と同様に姓、名の順に表記している。
6. 日本語の名詞をそのままの発音で表記する場合は斜体を用い、また、必要に応じてマクロン(長音記号)を付している(例:Nagasaki shisei rokujūgonenshi)。
7. 船名については、すべて斜体で表記している(例:the Yugao-maru)。
8. 数字の表記については、10まではone、two、three・・・とし、11以降はそのまま11、12、13・・・と表記している。 
9. 元号による年については、西暦で表記している(例:「昭和20年」は「1945」)。
10. 学校の表記については、小学校、国民学校をelementary school、中学校をmiddle schoolとしている。