体験記の執筆補助

被爆体験記の執筆補助について

「被爆の記憶を体験記にして残したいけど、自分ひとりでは文章にまとめられない」という方のために、追悼平和祈念館では、聞き取りによる被爆体験記の執筆という形でご協力します。執筆を希望される方のお申し込みをお待ちしています。

1. 対象者

長崎県内にお住まいで、長崎での被爆体験があり、被爆体験を文章にまとめたいが、自分では執筆が困難な方。

2. 申込方法

「執筆申込用紙」はこちら(ダウンロード)
または、お電話(095-814-0055)「体験記担当」とお申し付けください。

3. 申し込み後のスケジュール

  1. 聞き取り日の調整
  2. 聞き取りの確認(ご自宅、祈念館、その他)
  3. 聞き取り実施(1~2時間で終了します)
  4. 原稿の校正
  5. 完成(祈念館で登録・保存)後、製本した上で証言者に1冊差し上げます。
  6. 公開のご承諾をいただきました体験記は、館内に展示し、当館が開催する企画展・朗読会等で活用します。
執筆補助の様子
執筆補助の様子

Copyright © 2009-2018 Nagasaki National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims. All Rights Reserved.