館長だより

長崎も「最速」の梅雨明けです!

2022/06/30

皆さま、こんにちは。
国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館の館長 高比良です。

福岡管区気象台は「長崎県を含む九州北部地方が梅雨明けしたとみられる」と発表(6/28)しましたが、それと同時に熱い猛暑が日本全国を襲っています。群馬県の伊勢崎では、最高気温が40℃を超えました。

気温40℃とか想像もできない暑さです。気象庁から熱中症警戒アラートも発令されるようになり、これから長い夏をどのように過ごそうかと悩まれている方も多いかと思われます。

今回の暑さを涼しく過ごす、とっておきの方法があります。追悼平和祈念館は、地下に造られており、冷房も効いて涼しく過ごすことができます。

追悼平和祈念館の交流ラウンジで第9回体験記企画展「女性たちの原爆」の映像を鑑賞し、平和情報コーナー2では、タブレット端末に自分なりの「平和へのメッセージ」(10年間保存)を残すこともできます。また、平和情報コーナー2で、原爆の詩を朗読(加賀美幸子さんと上条恒彦さん)と映像を組み合わせで上映している「原爆詩シアター」も楽しむことができます。

遺影・手記閲覧室では、原爆に関する専門書、写真集、絵本なども手に取って自由に読むことができます。もちろん、国が収集した被爆体験記(通称:黒本)もここだけで読むことができます。

そして、追悼平和祈念館には、滝があったり、泉があったり、施設内には7か所に「水」が配置されています。原子爆弾の熱線で、喉や身体を焼かれた被爆者が「水をください、水を、水を・・」と求めたことから、追悼平和祈念館には、水音と水のせせらぎを絶やさないようにしております。

今年の夏、この機会に追悼平和祈念館に来ていただき、77年前ここ長崎で原子雲の下で何が起こったかを知るのも大切だと思います。

皆様方のご来館を心からお待ちします。

当サイトの写真・文章の無断転用はできません。
Copying photos and sentences without permission is prohibited.

Copyright © 2009-2022 Nagasaki National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims. All Rights Reserved.