館長だより

交流ラウンジで平和を祈るコンサート開催です!

2022/09/12

皆さま、こんにちは。
国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館の館長 高比良です。

去る9月3日(土)、祈念館の交流ラウンジで、音楽を通して平和を祈るコンサート「Music Garden Pray & Play」が開催されました。長崎県音楽連盟のご協力を得て、(公財)長崎平和推進協会が「平和の文化キャンペーン関連事業」の一環として、芸術やスポーツなど身近なものから平和を考えてもらいたいと始めたものです。

祈念館の交流ラウンジの会場一杯にたくさんの観客に来ていただき、盛会のうちに終了しました。永井隆博士が作曲した「南天の花」をはじめ、平和への願いが込められた曲を中心に計11曲が披露され、ピアノや尺八の奏でる音色と歌声に、観客は聞き入りました。

私は、NHK Eテレの「クラシックTV」を録画して、極力クラシックに親しむように努力していますが、先日の長崎OMURA室内合奏団のコンサートを鑑賞した際には、妻から「今日は、コンサート中に寝ていなかったね!」と褒められました。

そして、コンサート中に追悼空間まで「ピアノの音色が大きく響くのでは?」と心配しましたが、全くの杞憂に終わりました。ピアノの伴奏でソプラノ、テノールの歌声を聴きましたが、見事なハーモニーを醸し出していました。

今後、この平和を祈るコンサートも、第2回目が10/8(土)14:00~、第3回目が11/19(土)14:00~を予定しており、長崎県音楽連盟では、第2回目と第3回目では、ヴァイオリンなどの弦楽器の演奏も準備しているそうで、次回のコンサートが大いに楽しみです。

祈念館では、このように様々な機会を通じて、祈念館にご来館していただくことで、平和を考えるきっかけになればと思っております。

皆様方のご来館を心からお待ちします。

当サイトの写真・文章の無断転用はできません。
Copying photos and sentences without permission is prohibited.

Copyright © 2009-2022 Nagasaki National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims. All Rights Reserved.