• ajax

 


2015/05/29

被爆体験記を語り継ぐ「永遠(とわ)の会」平成27年度第1回定期朗読会

 平成27年度第1回定期朗読会の今回は、被爆映像にまつわる証言を朗読します。 ヒロシマ・ナガサキを記録した人たちの手によって、私たちは今日70年前の惨状を知ることができます。 そこに写っている人々の思い、写した男たちの願いをぜひ聞いてください。

日時:平成27年6月7日(日)14:00 ~ 15:30
会場:国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館 地下2階 交流ラウンジ
入館、観覧無料
参考:ポスター   チラシ

 


2015/05/05

朗読ボランティア常駐について

 被爆体験記を語り継ぐ「永遠(とわ)の会」では毎週日曜日の午後、 来場いただいた方に対する被爆体験記の朗読(5分程度)を実施しています。 ご来館の際はぜひ、お立ち寄り下さい。

 


2015/04/14

被爆70周年体験記企画展の開催について

 被爆70周年体験記企画展事業として、長崎・広島両祈念館が連携し 「子供が書いた体験記」をテーマに体験記企画展を開催します。
 広島祈念館は、被爆体験記集「原爆の子 広島の少年少女のうったえ」 (長田新 編)を題材にした企画展を現在開催中です。 広島に行かれる機会がございましたら、ぜひお立ち寄りください。

詳細:国立広島原爆死没者追悼平和祈念館企画展のページ
参考:チラシ

なお、長崎祈念館は、被爆体験記集「原子雲の下に生きて」(永井隆 編)を題材として 平成27年7月4日(土)より開催予定です。

 


2014/12/24

被爆70周年関連企画 第4回被爆体験記企画展『児童と原爆』

 第4回企画展では、「児童と原爆」と題し、爆心地に近い国民学校の児童だった方々の体験記を、 平成7年度に厚生省(当時)が収集した被爆体験記集と、 祈念館に寄贈いただいた体験記の中から選び展示しています。
 体験記をとおして、幼い児童らが体験した戦争や原爆の悲惨さに、思いをはせてみてください。

名称:第4回体験記企画展「児童と原爆」
日程:平成27年1月1日(木)~平成27年6月30日(火)
会場:国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館 地下2階 遺影・手記閲覧室
開館時間: 8:30~17:30 (5月~8月から 8:30~18:30)
入館無料
参考:ポスター


■被爆体験(平和情報ネットワーク)
体験記を読む
証言映像を見る
朗読音声を聞く
平和のススメ

平和学習にお勧めのツールのご案内各種申込書ダウンロード

ピースネット 平和へのメッセージ