トップ館長だより > 映画「疎開した40万冊の図書」を観て

映画「疎開した40万冊の図書」を観て

2014年5月20日
 昨日、お誘いがあり、「疎開した40万冊の図書」の試写会に行きました。第二次世界大戦の末期に空襲の戦火から図書を守ろうと東京日比谷図書館の館長の指揮のもと約40万冊もの蔵書を50キロ離れた奥多摩や埼玉の志木の土蔵まで運び疎開させたドキュメンタリーでした。私も日比谷図書館に隣接する東京市政会館で働いていましたので、日比谷図書館を利用しており懐かしさも手伝っての映画鑑賞でした。
 映画の中ではイラク戦争の中で3万冊の本が守られたこと、原発事故で放置された飯館村の5万6千冊の本のこと、8万冊の蔵書が流出した陸前高田市立図書館のことも取り上げられていました。本を守ることは文化を守るだけではなく、ひとの心をも守るのです。  
追悼平和祈念館には4万5千人の被爆体験記があります。そのうち3万6千人の方の体験記は直筆の記録です。未来までしっかりと引き継いでいかなければならない歴史的資料です。追悼平和祈念館に勤める者として貴重な資料の保存管理という使命に改めて心が引き締まりました。
 今、当館では体験記から抜粋したものを読みやすいように展示公開しています。また、朗読ボランティア「永遠の会(とわのかい)」の皆様には体験記の朗読活動を実施していただいています。単に図書を保管するのみではなく、体験を保管継承するためにしっかりと頑張ります。多くの方のご来館お待ちしています。
(参考:「疎開した40万冊の図書」長崎上映会は7月21日に市民会館で開催されるそうです。詳しくは事務局095-824-2974長崎県映画センターにお尋ねください。)

  • 体験記企画展「数行の憶い」

    体験記企画展「数行の憶い」

  • 朗読会「数行の憶い」

    朗読会「数行の憶い」

ページのトップへ