トップ館長だより > ヒロシマ・ナガサキ原爆展 開会式

ヒロシマ・ナガサキ原爆展 開会式

2016年9月23日
現地時間9月21日18時から、ドイツ・ドレスデン市のクラフトワーク・ミッテで原爆展の開会式が始まりました。
約100名もの方々が参加してくださるなか、ドレスデン市のHilbert市長、駐ドイツ日本国大使館の岩間公使が来賓として祝辞を述べられ、私や山田一美さんもご挨拶しました。
オープニングのテープカット後、お集まりの皆さんに会場内を見学してもらいましたが、皆さん、興味深く、熱心にパネルをご覧になられていました。
なかでも、ドレスデンの空爆で生き残られた方々も会場にお見えになられ、山田さんと話をしておられたのが印象的でした。
22日午後からは原爆展会場内で、山田さんとドレスデンの被災者の方との対談も予定しています。
開会式後も、続々と見学に来られ、原爆展初日は、総勢170名の来場者がありました。

  • 開会式の様子

    開会式の様子

  • 黄金のノート(ドレスデン市の芳名録)に記帳する山田さん

    黄金のノート(ドレスデン市の芳名録)に記帳する山田さん

  • テープカット

    テープカット

ページのトップへ