トップ館長だより > ノーベル賞制定記念日にノーベル賞受賞者来館

ノーベル賞制定記念日にノーベル賞受賞者来館

2013年12月2日
本当に驚きました。11月27日にノーベル生理学・医学賞受章者のジェームス・ワトソン博士(写真前列右)が来館されました。
奥様もご一緒に追悼空間で追悼していただきました。その後、館長室でコーヒーを差し上げるとホットされた様子でした。長崎で最も印象に残ったことをお聞きしたら、「長崎の復興」と言われました。
そのあとで分かったのですが、11月27日はノーベル賞制定記念日だったのです。1895年のことです。偶然でしょうが、本当にタイミングよく、100万人入館の節目にふさわしい出来事でした。博士は長崎大学の招きで初めての来崎だったそうです。
ちなみにノーベル賞を受賞されたのはワトソン博士が24歳の時。「二重らせん構造の発見」で他2博士とともに受賞されました。

ページのトップへ